日本の上海蟹『モクズガニ』について

日本の上海蟹『モクズガニ』について

蟹というと海のものを連想しますが、日本の川にもおいしいカニがいるんです。
高名な上海蟹と同じ仲間の「モクズガニ」です。
見た目も味も上海蟹そっくり。清流に住むものは泥ぬきをしないでもそのまま食べられますし、何よりも国産なので安心・安全。

味噌汁にしてもいいですし、茹でて味噌を食べてもいいですが、一番のおすすめはオーブン焼き。
茹でるよりも味噌の味を失うことなく味わえます。秋のモクズガニは産卵をひかえていて、メスは卵をもっていますので、味噌に加えて卵の部分も楽しめます。

モクズガニは産卵のときに海にくだりますので、海につながった川にいますが、つながってさえいればけっこう上流でもつかまえることができます。流れのある少し深いところに釣り具店で売っているカニカゴをしかければ、けっこうな数をとることができます。
その川を管理している漁協によってきまりが異なりますので、モクズガニをつかまえるときは、漁協に確認するようにしてください。